ホーム

主婦がキャッシングを利用する場合の注意点

たくさんのキャッシング会社が個人向け融資を行っている中で、主婦でも利用可能なキャッシングは非常に喜ばれています。

かつては、キャッシングを利用するには、正社員などのコンスタントな月収が条件になっていました。

近年では、キャッシングサービス自体が様々な展開を遂げており、収入がない専業主婦でも、融資可能になっているようです。

ですが、専業主婦でもキャッシング融資を受けたいという場合は、あらかじめ心がけておきたいことがあります。

日本には現在、貸金業法によって総量規制と呼ばれる法律が導入されているため、収入の3分の1までしかお金が借りられないことになっています。

家庭の主婦でも、非正規雇用の状態で仕事をしている人も少なくないですが、専業主婦がキャッシングを利用したいと思っても、収入がなければ総量規制の関係で審査に通りません。

仮に、総量規制の枠を越える金額の融資を受けたいと思ったなら、配偶者貸付制度を活用する必要があります。

自分の収入がなくても、配偶者の収入があれば、その3分の1まで融資を受けられるというもので、条件として配偶者の同意を得なければなりません。

総量規制は銀行融資には適用されませんので、キャッシングを利用したい主婦は、銀行に相談するという方法もあります。

ただし、銀行も全く収入がない主婦に融資を行うということはなく、配偶者の収入を確認するところが多いようです。

申し込みの際、情報に虚偽の記載があったり、既に多額の借り入れをしていると、審査に不利になりますので注意しましょう。

申し込み書類を正しく作成し、必要な書類をちゃんと揃えて出すことで、返済能力を持っているかどうかを見極める手がかりになります。
プロミスATM自動契約機で勉強になりました。

ローン会社の審査に通る割合を調査

金融会社などにローンの申し込みをする際は、審査をクリアしなければ融資は受けられません。

 

申込時に希望する借入金額によっても、審査がうまくいく時もあれば、

断られてしまう可能性もあるでしょう。

 

お金を借りたいなら何とかして金融会社が行っている審査で、

高い評価をしてもらう必要があるでしょう。

 

ローンの種類にもよりますが、申込み時の審査に通る割合は80%程度と言われています

キャッシング

 

ローン会社の審査に通る割合

ローンを取り扱っている金融機関により、審査に通る割合はかなりの差があり、

3割程度の場合もあれば、9割以上のローン会社もあるそうです。

 

金融会社によって審査を突破する確率が異なるのは、大量に新しい顧客を得たいと

思っている金融会社ほど、審査基準が甘くなりがちなためです。

 

特にキャンペーン期間中は一人でも多くの利用者を求めているというところも多く、

審査のハードルも低くなる傾向にあるといわれています。

 

最近では、正社員で働いていないようなパートやアルバイトでも

月々の収入が安定していれば、審査をクリアしローンを利用しやすいようです。

 

一方、これ以上新たな客を取り入れることにさほど力を入れていない金融会社では、

審査は厳しめに設定されていることがあります。

 

ローン審査の通過率は借り入れの希望額によっても変わってくるので、

必ずお金を借りたいという場合には、小額を希望するようにしましょう。

 

借り入れの希望額を大きくするほど、借入するのが難しくなるのは

すべてのローン会社に共通することです。

 

事前に、シミュレーションサイトなどで返済までのビジョンをつくっておいて、

確実に返済できる体制を整えておきましょう。

 

お金を急いで借りたい時には、アコムむじんくん(無人契約機)が役立ちました。

 

サーチ
テーマ
最近の記事
過去の記事